ローヤルゼリーの歴史は案外古い

Pocket

ローヤルゼリーをサプリメントで摂取している人は、サプリメントだからその歴史はまだ浅いんだろうと思っているかもしれません。
しかしながらローヤルゼリーとは蜂が作り出す物質ですから、はるか昔から存在し、その栄養素の高さには注目されていたのです。
ではそんなローヤルゼリーの長い歴史について紹介したいと思います。

ピラミッドの時代から

ローヤルゼリーはなんと古代ピラミッドの時代から摂取されていたと推測されます。
なぜかというと、ピラミッドの壁画にローヤルゼリーが描かれているためです。
他にもクレオパトラが美容のために摂取していたという記録も残されています。

ローマ法王をきっかけに世界に

そしてローヤルゼリーの存在が世界中に広まったきっかけは、ローマ法王ビオ12世の時代にあります。
ローマ法王は1954年の当時すでに80歳の高齢でした。そして肺炎と老衰で危篤状態に陥ってしまったのです。
ローマは絶望的な状態に陥りますが、この時、主治医がローヤルゼリーをローマ方法に摂取させたのです。
すると、ローマ法王は危篤状態から見事生還を果たす事が出来たのです。
当然このニュースは世界中に発信されました。

日本でも1958年に初めてローヤルゼリーが輸入され、医薬品や健康食品、美容品として現在も様々な分野で注目されています。

Pocket